製品情報
製品一覧 プラント紹介 パーツ/付属機器

大・中塊ふるい分けに最適

傾斜型振動ふるい機(KR型)

傾斜型振動ふるい機(KR型)

KR型振動ふるいは、ふるい面を傾斜させて据え付け、ふるい面に円形の振動を起こさせる仕組みになっています。
主に大・中塊のふるい分けで力を発揮します。

いつでも試せる。全部試せる。 / 全天候型テスト場完成

特長

頑強な機構
コンピュータによる応力解析と実測データの分析により、シンプルで頑丈なフレームを実現しました。
多様な網バリエーション
用途に応じて織網、打抜網、ラバー網、ウレタン網など様々な網の選択・取り付けが可能です。

処理対象物

土砂・石 石炭
処理物例
砕石、石炭、コークス、骨材、砂利など

仕様

KR-H型
傾斜型振動ふるいの代表機種で、堅牢頑強な機構です。
主に中魂ふるい分け用で一次破砕後のふるい分けに適しています。
型式 サイズ(mm) 所要電力(kW)
長さ 1段 2段
KR-H 3×6 900 1,800 3.7 3.7
KR-H 3×8 900 2,400 3.7 5.5
KR-H 4×8 1,200 2,400 7.5 7.5
KR-H 4×10 1,200 3,000 7.5 7.5
KR-H 4×12 1,200 3,600 7.5 7.5
KR-H 5×10 1,500 3,000 11 11
KR-H 5×12 1,500 3,600 11 11
KR-H 5×14 1,500 4,200 11 11
KR-H 6×12 1,800 3,600 11 11
KR-H 6×14 1,800 4,200 11 11
KR-H 6×16 1,800 4,800 11 15
KR-H 7×16 2,100 4,800 22 22
KR-E型
重量タイプの傾斜型振動ふるいで、KR-H型振動ふるいをさらに堅牢頑強に設計したものです。
主に、1次あるいは2次破砕前の大魂のふるいわけに適しています。
型式 サイズ(mm) 所要電力(kW)
長さ 1段 2段
KR-E 3×6 900 1,800 5.5 5.5
KR-E 3×8 900 2,400 7.5 7.5
KR-E 4×8 1,200 2,400 11 11
KR-E 4×10 1,200 3,000 11 11
KR-E 5×10 1,500 3,000 15 15
KR-E 5×12 1,500 3,600 15 15
KR-E 6×14 1,800 4,200 18.5 22
KR-E 6×16 1,800 4,800 22 22
KR-E 7×16 2100 4,800 22 30
KR-E 7×20 2,100 6,000 30 30
KR-E 8×20 2,400 6,000 37 37
KR-E 8×24 2,400 7,200 45 45
KR-E 10×24 3,000 7,200 55 55
KR-E 10×36 3,000 10,800 55 55
製品に関するお問い合わせはこちらから

関連情報

サポート
プラント